本文へスキップ

ピアノプラッツはピアノ技術者だから判る、効果的な防音対策・音場調整方法をご提案します。

電話でのお問い合わせはTEL.06-6191-2292

〒542-0066 大阪市中央区瓦屋町1-8-16
すず屋ビル1F

簡易防音

《ピアノの簡易防音対策》
ピアノの防音対策で最も効果があるのは間違いなく防音室です。しかし部屋の防音工事なら凡そ6畳間で350万円以上・防音カプセルは2畳程度でも100万円以上の費用がかかります。そこまでの費用をかけずに簡易防音器具音場調整パネルなどを適切に組合せて一定の防音効果を得るのが簡易防音対策です。又、ピアノの音を止めてしまう《消音ピアノユニット》も簡易防音器具の一つです。簡易防音器具には色々な物がありますが、ピアノの設置条件や防音の目的別に防音器具の選択・処置を検討する必要があります。簡易防音器具の効果は大別して下記3種類に分類されます。

@ピアノ自体の音量を小さくする
A部屋の外(階下・隣家)へ漏れる音を軽減する
B部屋の中で響き過ぎる音(音圧)を軽減させて外部へ漏れる音を軽減する

簡易防音対策とは”防音=ピアノの音を小さくする事”と考えられがちで、ピアノの音色などを無視されて、奏者が心地よくピアノを弾けなくなるケースが多いようです。ピアノプラッツが考える防音対策で最も重要なのは「ピアノの音色を出来るだけ犠牲にせずに、外に漏れる音を少なくするか」と言う事をです。

上記@AB防音対策別に各々の器具の効果を下表のようにまとめて見ました。
〔アップライトピアノ〕
階下への音漏れを軽減する
床面対策 ABピアノステージ(効果大)、Aピアノストップ(効果小)
壁面対策 @ABオーラルソニック調音パネル(効果大)
隣家又は階上への音漏れを軽減する
壁面対策 @ABオーラルソニック調音パネル(効果大)
室内での音量や残響を軽減する
音量の軽減 @ABオーラルソニック調音パネル(効果大)
残響の軽減 ABオーラルソニック調音パネル(効果大)
〔グランドピアノ〕
階下への音漏れを軽減する
床面対策 ABピアノステージ(効果大)、ABオーラルソニック調音パネル
壁面対策 ABオーラルソニック調音パネル(効果大)
隣家又は階上への音漏れを軽減する
壁面対策 ABオーラルソニック調音パネル(効果大)
室内での音量や残響を軽減する
音量の軽減 @ABオーラルソニック調音パネル(効果大)
残響の軽減 ABオーラルソニック調音パネル(効果大)

防音対策や部屋の残響でお悩みの方!お気軽にご相談下さい。経験豊富なピアノ技術者だから判る本当に効果のあるピアノの防音対策・音場調整のご提案させて頂きます。

《オーラルソニック調音パネル》
アップライトピアノの背面やグランドピアノの側面から壁に伝わる音を遮音・吸音し、壁を伝わって階下・階上へ漏れる音を軽減します。遮音性能に優れた《ルームクリエータ》は防音効果だけではなく、ピアノの音色を損なう事無く低音から高音までバランス良く音を吸収し、余分な残響を取り除く為、ピアノの音色が明瞭になり心地よく演奏出来ます。詳しい情報はこちらをご覧ください。 

《ピアノステージ》
ピアノのキャスターから床へ伝わる振動(音)を遮断して階下への音漏れを軽減します。仕様:床からの高さ44mm(15mmのMDF+超高密度グラスウール25mm)底面化粧合板、表面クッションフロアー。※表面のクッションフロアーは濃茶・薄茶の2タイプから選んで頂けます。

〇グランドピアノ用
 ピアノステージ
・ピアノ脚部とイス部を乗せるタイプ S-752 ¥137,000− (税込¥147,960−)
(脚部3枚・イス+ペダル部1枚計4枚/補強ハ°ネル3枚)※取付費・出張費別途(お問合せ下さい)

・ピアノ全体を乗せるタイプ S-751 ¥272,000−(税込¥293,760−)
(850mm×850mm×6枚+補強パネル3枚。3型タイプのピアノまで対応)  
*大型グランドピアノ用や部屋自体にサイズに合わせた特注サイズは別途お見積りをさせて頂きますのでお問合せください。 注:各々取付費・出張費別途

〇アップライトピアノ用
    ピアノステージ
・ピアノ全体を乗せるタイプ S-771 ¥160,000-(税込¥172,800−)
(脚部2枚・ペダル部1枚・イス部1枚 計4枚)※取付費・出張費別途(お問合せ下さい) 

《音場調整》 
《防音工事・防音カプセル》



shop info店舗情報

ピアノプラッツ

〒542-0066
大阪市中央区瓦屋町1-8-16
      すず屋ビル1F
TEL.06-6191-2292
FAX.06-6765-6787
info@pianoplatz.co.jp
 定休日:水曜日

サイトマップ

大阪商工会議所ザ・ビジネスモール
Lucy Serchブログ技術者の徒然話

Back to top
Back to top